俺の嫁はVIPPER 2ちゃんまとめではニュース速報(VIP)板の情報を中心にまとめています。
VIPPERとは・・・詳しくはぐぐってくださいすぐ出ます。

大麻(マリファナ)はやはり危険だった、筑波大が大麻の有害性を実証

俺の嫁はVIPPER 2ちゃんまとめではニュース速報(VIP)板の情報を中心にまとめています。
俺の嫁はVIPPERでは極稀にオリジナルのコラム等掲載することもあります。 VIPPERとは・・・詳しくはぐぐってくださいすぐ出ます。

1: 岩海苔ジョニー ★ 2017/10/01(日) 01:06:27.06 ID:CAP_USER9
筑波大学は、大麻草(マリファナ)の主要な幻覚成分や、
合成大麻「スパイス」に含まれる成分が重篤な痙攣発作を引き起こす原因であることを、
マウスを使った実験で実証したと発表した。

同成果は、筑波大学国際統合睡眠医学研究機構(WPI-IIIS)のオリガ・マリシエフサカヤ 研究員と
裏出良博 教授、国立医薬品食品研究所生薬部および九州大学薬学部の研究グループによるもの。
詳細は英国の学術誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。

大麻草(マリファナ)は危険性が他のドラッグよりも低いと考えられ、
比較的手に入りやすいことから、世界で幅広く濫用されている違法薬物だ。

また、大麻草の幻覚成分であるカンナビノイドの構造を出発点として次々と新しい合成カンナビノイドが作られ、
日本でも危険ドラッグとして中高生が入手できるほどに横行し、不正乱用されて大きな社会問題となっている。

今回の研究では、大麻草の主成分で、一部の国では嗜好品や医薬品としても用いられているΔ9-テトラヒドロカンナビノールと、
「スパイス」と呼ばれる違法ドラッグに含まれる合成カンナビノイド「JWH-018」をマウスに用いて実験を行なった。

マウスの脳波や行動を詳しく解析したところ、これらの化合物を投与すると、ただちに痙攣発作が誘発されることが判明した。
一方、カンナビノイド1型受容体に特異的な拮抗薬である「AM-251」を投与すると、この発作が完全に抑制されることから、
どちらの化合物も「CB1R」を介して痙攣発作を誘導していることが明らかとなった。

なお、この結果は、これまで大麻草や合成カンナビノイドの乱用は、
健康被害や副作用が比較的少ないという間違った理解に警鐘を鳴らすものであり、
たった1度の使用でさえも有害影響をもたらし、重篤な健康被害につながりうることを示唆しているものだと研究グループでは説明している。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

http://news.mynavi.jp/news/2017/09/27/163/

カンビノイドによる痙攣発作の誘導(出所:筑波大学Webサイト)
http://n.mynv.jp/news/2017/09/27/163/images/001l.jpg

http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506562856/
2017/09/28(木) 10:40:56.17
※前スレ
【研究】大麻(マリファナ)はやはり危険だった、筑波大が大麻の有害性を実証★5
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506635821/


9: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 01:14:01.88 ID:QA0UxaQI0
>>1 の記事は全くの「フェイクニュース」。

この実験で分かった事は、

『マウスに大量の単体THCを大量に腹腔注射すると痙攣が起きる』と言う事だけ。

元の論文には以下のように記述されている。

>我々は毒性を生じて、発作を誘発する高用量を故意に使ったので、これらの服用の
>影響は、人間の典型的薬物またはレクレーション消費で見られる状態を代表しない
>かもしれない。また、将来、低用量テストすることは興味深い。

>人間の生物学的利用量と代謝は、動物のそれとかなり異なるかもしれないので、
>服用転換が常に考慮を必要とする点に注意することは重要である。

>さらにまた、人間と動物のレセプター感度の違いまたは密度は、人間の薬理的、
>または毒物学の結果に影響を及ぼすことが示されている。

>植物から派生したカンナビノイドの使用はより危険なようではない。
>我々がここで示すように、それでも、薬物を過剰投与したなら、これらの
>カンナビノイドはてんかん発作に至ることができる。

つまり、マウスに人体では有り得ないほど、(人間で言ったら70本以上の
ジョイントを一気に吸った量に相当)THC、合成カンナビノイドを
腹腔注射した実験であり、人体での通常大麻使用では分からないと言う事。

それを「マリファナはやはり危険だった」と言うのは、完全なる「フェイクニュース」。

18: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 01:31:03.25 ID:QA0UxaQI0
>見られる状態を代表しないかもしれない。(>>9 参照)

アルコール、ニコチン、カフェインなどなら一発で死亡する。

こんなマウスに有り得ないほど大量に単体THCを腹腔注射した実験では
大麻の害を語ることはできない。

しかも・・・

>本研究は、文部省科学研究費で行われ

33: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 02:07:13.27 ID:aYAPBe+E0
>>18
>アルコール、ニコチン、カフェインなどなら一発で死亡する。

こちらも麻薬指定を急ごう

38: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 03:03:29.97 ID:VZB/Z0Nm0
>>18
>元の論文には以下のように記述されている。

>我々は毒性を生じて、発作を誘発する高用量を故意に使ったので、
>これらの服用の影響は、人間の典型的薬物またはレクレーション消費で

101: 6 2017/10/01(日) 09:21:23.22 ID:wQaToVM90
>>18
なるほどサンキュー
カフェイン=コーヒーよりよほど安全なのに、
大麻に対するミスリーディングを意図するニュースだね。
われわれはこういう御用学者のウソに騙されてはいけない。

403: 名無しさん@1周年 2017/10/02(月) 05:37:23.62 ID:krUBSPF00
>>101
これな😦

38: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 03:03:29.97 ID:VZB/Z0Nm0
>見られる状態を代表しないかもしれない。(>>9 参照)

このニュース見た瞬間、そんなことだろうと思ったぜw
国立大学の理系学部が、金欲しさに安いプロパガンダかますようじゃ終わってるな。

57: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 03:58:30.10 ID:QA0UxaQI0
>見られる状態を代表しないかもしれない。(>>9 参照)

アルコール、ニコチン、カフェインなどなら一発で死亡する。

こんなマウスに有り得ないほど大量に単体THCを腹腔注射した実験では
大麻の害を語ることはできない。

しかも・・・

>本研究は、文部省科学研究費で行われ

58: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 04:20:26.40 ID:dfLAnkGz0
>>57
そのジョイント70本分という換算てさ

吸った後の煙は吐いていいの?

注射した方は10mg中のロスはゼロでしょ?

ジョイント1本に10mgあるなら

吸った煙を吐き出さないで全部体内に入れ込まないと

同じ状態とはいえないよね?

ジョイント70本を一度に火をつけて、一息に吸いきって

吸った煙は一切吐き出さない状態でやっと

注射で10mg打った事と同じなんじゃないの?もしかして

60: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 04:26:26.04 ID:8S+T3Vm60
>>58
改行入れてんのは大麻の影響か?
やっぱ解禁はダメだな

66: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 04:36:07.86 ID:dfLAnkGz0
>>60
大麻に批判的な人って空行を入れただけで病的なまでに攻撃的な反応をするんだ

こわいなあ~

論理性がまったくないんだなあ~

会話をしようとしてないよなあ~

74: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 05:49:02.42 ID:EU8RCi4o0
>>66
それに対して病的な気持ち悪い反応
大麻の影響は甚大だね

68: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 04:48:00.69 ID:QA0UxaQI0
>>58

勘違いしているようだけど、THC(10mg/kg)な。
つまり、70kgの人だと700mgになる。

ジョイント一本体内に吸収されるのが10mgとして、70本分。

吸引や経口の場合は体内への吸収率は数%から50%程度とかなりの幅がある。
腹腔注射の場合ほぼ100%吸収される。

また、大麻はCBDが含まれているのでCBDがアンタゴニストとして働き
穏やかに作用し副作用が少ない。

大麻抽出製剤のSativexでの投与量はTHCで20~30mgだが、
舌下投与でのバイオアベイラビリティ(生体利用率)を考えると体内で作用する
THCは数mgから10mgの範囲。

経口でのバイオアベイラビリティ(生体利用率)は更に低い。

カンナビノイドの摂取方法
http://coco-sinsere.com/?p=456

国際大麻医療学会による研究では、摂取方法について下記のような説明がある。

①肺からの吸入(ジョイント・喫煙)が63%
②同じく吸入でヴェポライザー(気化吸入)が23%
③口から入れる経口摂取(お菓子やケーキ類・CBDチンキ)が8%

【ジョイント】全体の80%が体内に入らず大気中に排出される。

生体利用率(バイオアベイラビリティ)=THCの吸収率は、平均で25%であるが、
使用者の経験値や吸引方法によって大きく違ってくる。食べること(経口摂取)は、
肺からの吸入と比べて、効果が表れるのが緩やかで遅く2~6時間後となり、
効果の持続も4~8時間と長くなる。問題点は、生体利用率が低く、血中濃度が
安定しにくく、効果が出るのに時間がかかり、量が調整しにくいということである。

70: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 05:18:39.96 ID:QA0UxaQI0
>>68 追記

ジョイント一本の体内吸収量と言うのは、副流煙などあるが、
一般的に言われている量で「10mg」とした。

実際にはもっと低い可能性がある。

一人でジョイント一本吸わなくても精神活性があるので、
実際の作用量はもっと少ない。

ヒト等価用量と言うのは、体重からと体表面積からがあるが、
論文では「Kg」を使っているので、体重換算した。

体重30gのマウス10mg/kg用量から、体重60kgのヒト等価用量は、
「0.814 mg/kg」だから、体重換算より幾分低い。

総合的に「人間で言ったらジョイントを70本くらい一気に吸った量」と換算した。
いずれにしても、人体では通常有り得ないほどの高用量である。

72: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 05:38:15.00 ID:RDw99pz40
>>68
>つまり、70kgの人だと700mgになる。

超高濃度70%BHOを1g=1000mg飲めば700mgだな。
水なら1g=1cc=1立方センチメートル

76: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 05:57:50.10 ID:QA0UxaQI0
>>72

バイオアベイラビリティ(生体利用率)が違うから単純計算は出来ない。
経口摂取の場合、バイオアベイラビリティは8%。

また、BHOも含めて大麻の場合、THCと精神活性作用のないTHCAが
混在している状態でTHC+THCA量をTHC含有率とするので、
単純計算は出来ない。

BHOも含めて大麻の場合、THCと精神活性作用のないTHCAが
混在して、そのまま食べても、加熱しないので、THCAがTHCに
変化せず、また、THCは水に溶けにくい脂溶性なので単純計算は出来ない。

80: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 06:08:40.55 ID:RDw99pz40
>>76
バター沢山のパンケーキ食べてるときにBHOひとかけら食ったらアウト
BHOのTHCAはTHCになってるからアウト
BHOは極端に低CBDのものが多いのでアウト
危険

69: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 04:54:16.26 ID:+U3sWOZ70
>>57
其れだけ打ち込んだらビタミンCでも悪影響出そうだなwww

18: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 01:31:03.25 ID:QA0UxaQI0
>>1の研究は『文部省科学研究費』つまり、税金から賄われている。
以前の阪大の嘘八百の研究は厚労省の科研費から出ている。

この2つの研究で税金から賄われる科研費は約1000万位。

科学者としての良心を疑うレベル。

大麻を悪く言うことで厚労省、文部省の科研費が欲しかっただけ。

何よりも国民の税金を使って政府が国民を騙している事が許し難い。

38: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 03:03:29.97 ID:VZB/Z0Nm0
>>18
>元の論文には以下のように記述されている。

>我々は毒性を生じて、発作を誘発する高用量を故意に使ったので、
>これらの服用の影響は、人間の典型的薬物またはレクレーション消費で

20: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 01:34:46.51 ID:+K474JSGO
>>1
こんだけ発狂したり、どこぞの芸能人みたいに職放棄して離島でキメセクハーレムしたあげく政治家目指すとか妄想がはかどり最後は逮捕
なんだからやっぱやべーよなあ
酒たばこ砂糖は妄想人生に走り電波たれ流す作用は無いからな

34: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 02:11:49.27 ID:cZBnsPug0
>>1
こう言う間違った情報を世の中に流す根拠って何なの?

正直やめてもらいたい。

39: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 03:03:41.59 ID:wvxLCQt00
>>34
日本も公開される情報に対して第三者機関の精査が必要だわな

アメリカの場合それで麻薬取締局DEAが大麻のネガティブな情報公開削除したのは結構最近の話ではある

38: 名無しさん@1周年 2017/10/01(日) 03:03:29.97 ID:VZB/Z0Nm0
>>18
>元の論文には以下のように記述されている。

>我々は毒性を生じて、発作を誘発する高用量を故意に使ったので、
>これらの服用の影響は、人間の典型的薬物またはレクレーション消費で